上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも、私や家族がもう助かる見込みのない状態の癌だと宣告されたら、
テキサスにあるDr.Burzynskiの発明したAntineoplastonsという薬を使いたい。

この薬は抗がん剤と放射線でも助からない命を救ってきたのに
長期にわたり製薬会社と密着する政府機関から追放されてきた。
副作用もなく、キャンサーフリーになる確立も抗がん剤より高く
それだけでなく、抗がん剤ではもう消すことの出来ない
ステージ4の末期の患者さんを治してしまっている。

政府から認可されるにはアメリカ食品医薬品局(FDA) の行う試薬実験で薬を効果を証明される必要がある。
しかし、この実験を行ったドクターは故意に指定された量よりも少ない量を患者に投与して、
「効果はなかった」と報告している。
後にこのドクターはFDAの幹部になっているという、まったくおかしな話。

これだけ大勢の天才が癌に効く薬を開発するために時間をかけているのに、そんな
薬が出来ていても不思議はない。
もし、この薬が一般に出まわれば、抗がん剤を作る会社はつぶれてしまうかもしれない。
そういう政府のからくりのせいで救われるべき命が救われてないとしたら悲しいことだ。

とうとう、この薬の真実をつたえるドキュメンタリーが出来てしまった。
この薬に人々が殺到して、そのうち政府も動かずはいられないのではないだろうか?
この薬を日本のYahooで検索してみたけど、情報はほとんどなかった。
それも不思議。

政府の圧力により、使用を中止されるところだったけど
実際に命を救われた人々が裁判で証言をしてデモをしたりして
現在はテキサスにある彼の病院のみで薬を投薬できることになった。
http://www.burzynskiclinic.com/

映画が日本語がないのが残念だけど、
誰かが翻訳してくれて日本のみんなにも見てもらえるといいなと思う。
私はDVDレンタルで見たけど、期限付きでドキュメンタリーの全容をYoutubeで配信しています。





There is Hope
スポンサーサイト
ScienceDaily (June 19, 2011)の心臓病についての記事を読んでいたら
乳癌患者にとっては嬉しくなるようなニュースを見つけたので
紹介します。

コロラド大学の、アメリカ人、66歳以上の60、000人の乳がん患者を
告知から12年間追跡した研究データ。

記事によると、60、000人の半数は健在で、
亡くなった残り半数の平均寿命は83歳だった。
さらにその亡くなった人の死因の3分の2は心臓病など
乳がん以外が原因だったそうだ。

なんだかこのニュースって嬉しくない?
心臓病にならないように健康に気遣いながら
生活すれば、長生きできる可能性が広がるってことだもんね。

んーーっ、すっごくポジティブなニュース 


もひとつ、私の嬉しいニュース。

最近、ずっと捜し求めていた日本人の「同胞」ができた。
その人たちは現在私の心の強いサポートとなってくれている。
なんだか会ったばかりとは思えないようなリラックス感…
戦争から一緒に帰還した戦友のような感じだろうか…

健康な人には遠慮して話せない病気の話も
会話の中に普通に交えたりもできる。

「あー、あのお店の○○は美味しいよね」と話した後に
「関節痛が、、」とか「ホットフラッシュが」とか
普通に話せる。
1を言えば100わかってもらえるような安心感。


サポートグループに参加することは乳癌患者の再発率を
下げるという研究結果がでているけど
なんだか、その理由がわかるような気がします。

自分ひとりじゃない、みんなで頑張れるっていう
気持ちが免疫をあげてくれているのは確かだから。
私と時間をシェアしてくれてどうもありがとう。

また嬉しいニュースがあったら紹介します。
月1度は更新するという目標に間に合いました。
元気です :)

気になったニュースがあったので紹介します。
ScienceDaily (June 15, 2011)によると、
低炭水化物&高タンパクの食生活は乳がんの進行を遅らせリスクを下げるというもの。

乳がんを発症したネズミでの実験によると、欧米での典型的なダイエット、
炭水化物55%&タンパク質23%+脂肪22%の食生活をしたネズミと
炭水化物15%&タンパク質58%+脂肪26%の食生活をしたネズミの
腫瘍進行を比らべてみたら、
後者(低炭水化物&高タンパク食生活をしたネズミ)の方が遅かったというもの。

さらに、乳がんになる遺伝子をもったネズミで実験してみたところ
70%もの高炭水化物&低たんぱく質の食生活をしていたネズミが乳がんを発症し、
死亡したのに比べ、
低炭水化物&高タンパクの食生活をしたネズミのほうは30%のみが乳がんを発症し、
その中の半分はさらに寿命よりも長生きをした。


今まで私は完全に高炭水化物の食生活だった。
白いお米から玄米に変えて、さらにお米を食べるようになったし
お肉を食べなくなった分、たんぱく質の摂取が減ってたなー

食生活をもう一度見直してみようと思う。
でも、肉食やめて以来たんぱく質を増やすダイエットって難しい。

そういえば、アメリカ人の乳がん友が
「原始人ダイエット」だったかな?
そんなダイエットを始めていた。

それは古代の原始時代のダイエットに戻るという意味で
肉を中心に食事をしてまさに低炭水化物の食生活。
(Paleo dietという本が出てます)

乳がんに肉っていいの?って思ってたけど
彼女のダイエット法をあるいみ見習うべきだったのかも。

彼女の乳がんの転移率は決して低いとは言えない状態だったけど
告知から3年目を迎える現在の彼女は健康そのもので
この先もずっと健康でいてくれると思ってます。




ちなみに前回のブログに書いた友人は「白」でした。
良かった!
最近読んでいたニューガン関係の記事から“これは大切だ”と
思ったものの一つ。

〔2008年の研究〕
初発から7年以内に再発をした300人以上の患者を調べたところ
再発していない患者に比べて、
エストロゲン体内レベルが2倍も高かったという報告がある。
(タモキシフェンを服用しているにも関わらず)

人間のエストロゲン体内レベルは遺伝子も関係しているけど、
それでも私たち(エストロゲン・ポジティブのニューガン患者)
はエストロゲンを体内から少しでも減らす努力をすることが
再発防止につながるというもの。

その為に3つの行動が推奨されていて
1.適度なエクササイズ (早歩きを30分などの適度で定期的な運動が推奨。
  運動することによって体内エストロゲンを減らすことができる) 

2.体重管理 (脂肪がエストロゲンを作り出す) 

3.食物繊維を取る (エストロゲンを体内から減らす作用がある)


どれもこれも今更ここに書くまでもなく当たり前なことだけど
「健康管理」というよりも「エストロゲン管理」となると
もっと力が入りそうな気分。

これは自分の経験だけど
私は子供の頃から甘いものよりも醤油味のおせんべいとか
そういうものが好きだった。

なのに、例の奴がチチに育ってきたあたりから
食後に以前は甘すぎて食べられなかったアンコたっぷりの
饅頭などが食べたくなった。

日本に帰省した時は買い込んで冷凍した饅頭を
スーツケースに詰めすぎて重量オーバーになるほど。
かばんの半分が饅頭だった!

あれだけ毎日飽きもせず食べ続けてきた饅頭だったのに
術後さっぱり食べる気がおきなくなった…

食後のおやつはクルミなどナッツ類へと変わった。

もしかして、奴が餌(エストロゲン)欲しさに
私にたんまり饅頭を食べさせて、腹の肉を増やしてやろうと
たくらんでいたのかもしれない。

そう思うと甘いものが余計に食べたくなくなる。
誕生日とかスペシャルな日にチョコレート系のお菓子を
たんまり食べることはあるけれど、以前と比べたら
私の体に送り込む砂糖の量は10分の1になったと思う。

エストロゲンで育つ奴らをチチに飼っていた
人は腹の肉を増やさないように注意しなければ


Breast Cancer: 3 Ways to Lower the Risk of Recurrence


話題はかわり、


2009年12月、自分がチチ病かもしれないと
悩んでいた頃から読んでいたブログの方が
お亡くなりになったことが
ブログのコメント欄を読んでいてわかった。
私のブログにコメントくださる方も
コメントを残していらした。
私は一度もコメントを残したことはなかったけど
でも、週に一度は訪れて全部ちゃんと読んでいた。

文章が軽快で時折見えた写真のお顔もキュートで
素敵な方だった。

PCのお気に入りに入れて週に一度読んでいた関係なのに
友人を亡くしたような気持ち。

あまりにも早すぎる死に怒りすら感じた。
入院したときは栄養剤を点滴するだけで
すぐに戻ってくるものだと疑いもしなかったから…

彼女は2009年中旬頃に初発で、
ほんとについ最近骨転移がわかったばかり。
こんなに早く連れて行けるものなのかと
愕然とした気持ち。
医療ミスとか何かの間違いではないのかと
何度も読み直した。

そちらに書き込みをしようと思ったけれど
ここでご冥福をお祈りします。

ScienceDaily (Jan. 12, 2010) からの記事

タイトルの通り、テキサスのAgriLife Research foodのリサーチによると
南国フルーツ、マンゴーが乳がんの増殖を止める、または予防をするというもの。

“prevented or stopped cancer growth in certain breast and colon cell lines”
の“certain”には、すべての乳&大腸がん細胞に効果がある
わけではないというニュアンスが何気~に含まれているけど

"It has about four to five times less antioxidant capacity than an average wine grape”
グレープワインよりも4、5倍は抗酸化物質は少ないけど、
十分な効果はあるから食生活にマンゴーを取り入れようということだ。

私は赤ワインはantioxidant効果があるから体にいいと思って
乳がん告知まで毎晩グラス一杯、夕食時に飲んでいたけど
アルコールは一日一杯でも乳がん勃発の可能性を高めると知ってから
すっかり飲まなくなった。

少しでも可能性を高めると思うと今まで感じていたワインの
“美味しさ”も半減してしまった。
だからマンゴーなどの果物でantioxidant効果を高めるのは
乳がん患者にぴったりなのでは

マンゴーはこちらで安く手に入るけど私はつるつるすべる
マンゴーをむくのが苦手なので、カット済みの冷凍マンゴーを
自然解答して食べてます。

値段も手軽で大袋入りで10ドルくらいで、
その味はちょうど日本のコンビニに売ってる
マンゴー入りのアイスみたいな感じで甘くて美味しいから
これなら続けられそう。

続けられることが成功の秘訣だもんね。

冷凍マンゴー

記事には“Mango showed some impact on lung, leukemia and prostate cancers but was most effective on the most common breast and colon cancers.”
と書いてあって肺、血液、前立腺のがんにも影響を与えるけど
一番大きな影響を与えるのは乳がん&大腸がん

これは食うしかないでしょ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。