上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしも、私や家族がもう助かる見込みのない状態の癌だと宣告されたら、
テキサスにあるDr.Burzynskiの発明したAntineoplastonsという薬を使いたい。

この薬は抗がん剤と放射線でも助からない命を救ってきたのに
長期にわたり製薬会社と密着する政府機関から追放されてきた。
副作用もなく、キャンサーフリーになる確立も抗がん剤より高く
それだけでなく、抗がん剤ではもう消すことの出来ない
ステージ4の末期の患者さんを治してしまっている。

政府から認可されるにはアメリカ食品医薬品局(FDA) の行う試薬実験で薬を効果を証明される必要がある。
しかし、この実験を行ったドクターは故意に指定された量よりも少ない量を患者に投与して、
「効果はなかった」と報告している。
後にこのドクターはFDAの幹部になっているという、まったくおかしな話。

これだけ大勢の天才が癌に効く薬を開発するために時間をかけているのに、そんな
薬が出来ていても不思議はない。
もし、この薬が一般に出まわれば、抗がん剤を作る会社はつぶれてしまうかもしれない。
そういう政府のからくりのせいで救われるべき命が救われてないとしたら悲しいことだ。

とうとう、この薬の真実をつたえるドキュメンタリーが出来てしまった。
この薬に人々が殺到して、そのうち政府も動かずはいられないのではないだろうか?
この薬を日本のYahooで検索してみたけど、情報はほとんどなかった。
それも不思議。

政府の圧力により、使用を中止されるところだったけど
実際に命を救われた人々が裁判で証言をしてデモをしたりして
現在はテキサスにある彼の病院のみで薬を投薬できることになった。
http://www.burzynskiclinic.com/

映画が日本語がないのが残念だけど、
誰かが翻訳してくれて日本のみんなにも見てもらえるといいなと思う。
私はDVDレンタルで見たけど、期限付きでドキュメンタリーの全容をYoutubeで配信しています。





There is Hope
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。