2010年1月24日のお昼すぎ、
胸についた巨大なパッドを取ってシャワーを浴びることにした。

日曜日の朝だったから旦那がいたけど
いきなり見せるのは気が引けたから、
一人でベッドルームにこもり、おそるおそるパッドを外してみた。

そこには術前よりもやや腫れて大きくなった乳があり、
乳首上部に5センチの横長に伸びた傷。

傷の上にはセロハンテープみたいなものが縦に5本くらい
貼ってあり傷口が止めてあった。
説明書によるとテープは14日間後に取っていいとのこと。

私はこのテープで傷口を止める方法が大変気に入った。

テープでぴっちり止めてあるだけに傷は血の滲みもなく
なんだかぴっちりとくっついていたから

もしこれから乳がん手術をする人がいたら
surgical tape?呼び名はわからないけど
このセロテープみたいなものを使ってもらえると
糸で縫合するよりも跡が残らなくていいと思う。

10年前におなかを切ったときはホッチキスみたいなのを
使ったけど、その時の傷跡と比べるとかなり違いがある。
今回はテープを剥がすのも自分で出来るし、余計な穴も残らないから
1ヶ月以上たった今の傷跡は良好。

驚いたのは、乳の形が変わっていなかったこと。
旦那が外科医Iから聞いた話によると
外科医Iは「筋肉」まで削ったらしい。

まさか、何か別の肉をいれておいたとか?
胸はもともと小さかったし、がんが出来た場所も
乳首2センチ上で筋肉しかなかったし

あれだけ乳の形が変わると散々脅されていたから
まさかの結果で嬉しいけど困惑…

こんなちょっと切っただけで大丈夫?
まだ心配ばかりしていた。

それから一週間後、外科医Iと会ったときに
聞いた話では私のがんは胸筋5ミリ近くまで到達してて、
切る予定ではなかった胸筋も切っておいてよかった…

「なにか別のお肉を詰めたんですか?」と聞きたかったけど
ジョークにならないとまずいので止めておいた。

腫れが引いてから気がついたけど、乳の内側の脂肪が
少し減っているような感じがしたから
きっとここから脂肪を移動したのかも。

がんが皮膚のすぐ下だったから
皮膚も切り取ってあるのに
5センチの傷跡以外は術前の乳と変わってない。

噂どおりの外科医Iのマジックに感謝した。

そして乳がんナースAにも心から感謝した。
もし私の手術日を早めてもらえなかったら
私のがんは胸筋まで到達していたかもしれないし。

乳がんナース、あなたがいてくれてよかった




日本の乳がんブログで読んだような手厚い看護はなく
術後は無論、消毒とかパッド交換とかもなしで、

日帰り手術の後、私の傷はたった一度
外科医Iが手術の出来を“眺めた”だけで終わった 

日本の「至れり、つくせり医療」が少々うらやましかったりもするけど
一応、問題なく回復はしていった。

外科医Iに術後、傷を眺められた日に
私達は病理結果も聞いた。
Secret