2010年2月18日、OncotypeDXテスト結果を聞くために
腫瘍内科医Rに会いに行った。

抗がん剤をやるかやらないかが決まる日
この日も緊張したけど病理結果を聞くときほどではなかった。

テスト結果は「22」だった。
再発スコアガイドの19から30で中間リスク…

びみょ~

「22」の隣には棒グラフがあって私の乳がんが10年以内に遠隔転移
をするパーセンテージが記してあった。

ここに書いてもいいけど「再発率」とか「生存率」いうのは見たくも聞きたくもない人も
いると思うから、ここには書かないけど
興味のある方は下記のウェブサイトに下の方に載っているグラフの
Scoreの数字22を見るとパーセンテージがわかります。
http://www.oncotypedx.com/BREAST/HealthcareProfessional/Overview.aspx

この再発率は「タモキシフェンのみを投薬した場合」の数字だから
数字が高いほどタモの効果が薄いタイプだから抗がん剤を足したほうがいい
いうことになる。




旦那、私、乳がんナースA…
しばらく固まっていると

1.5メートル先くらいに座っていたドクターRが
カタカタと音を立てて椅子に座ったまま私の直ぐ隣に移動してきて
私の顔を一瞬見つめ

「僕が君に薦める治療はね…」

にやっと笑いながら

「抗がん剤はなしでホルモン治療」



すぐに笑えなかった。
「中間リスク」のショックからまだ立ち直れてなくて。

それから気をとりなおしてホルモン治療の説明を聞いて
さぁ、帰ろうと椅子から立ち上がったところで

聞いてみた。

「ドクター、もし私があなたの娘だったら
それでも“抗がん剤はなしでいいよ”って言いますか?」

「そうだな、君が僕の娘だったら
今から寿司でも食いに行って元気を出せって言うよ」


そう言って、病院の近くにあるお勧めのおすし屋さんの
場所を私と旦那に教えてくれた 


ありがとセンセ 




“抗がん剤をやらなくてホントーによかったのかな”

ちょっと不安は残ったものの、
乳がんナースは放射線専門ドクターとのアポを取った。

そして2010年2月25日、
私は初の放射線を受けることになった。

そして今日、3月20日は放射線17回目を終えた日で
放射線は合計33回もある。

日本のブログでは25回と読んでいたのに…

17回ですでにチクチクなのに…

33回も…

耐えられるのかな…
Secret