上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブログからもう一ヶ月経ったなんて信じられない。
タモキシフェンを飲み始めて気がついたら一年を過ぎていた。

今日は気がついた副作用らしきものについて書いてみることにしよう。

タモを飲み始めて最初に気がついたのはオリモノの量が増えたこと。
そのオリモノは段々と増えていき、妙な匂いもあった。
ナプキンは常時欠かせないし、日に二度ほどシャワーを浴びたくなるような感じ。

ネットで調べてみるとオリモノが増えるのは副作用の一つにあったけど
匂いについては何も書いてなかった。
それでとうとう、先週子宮頸がん検診のときに先生に言ってみた。

抗生物質をもらって飲んだら、アッというまにオリモノの量も減り
匂いもなくなった。
どうしてもっと早く薬をもらわなかったんだろう…後悔

放射線中に免疫がおちてそれで細菌が増えたのかもしれない。
話がそれるけれど、放射線が終わったとき
周囲の人に「顔が黒くなった」「よく日焼けしたね」って言われた。
久しぶりに会った母にも「どうしてそんなに顔が黒いの?」と驚かれた。

そのとき、免疫に関する本を読んだら、抗がん剤や放射線をした後は
免疫が落ちて皮膚が黒っぽくなることがあるとあって、「これだ!」と思った。
放射線治療は健康な細胞を傷つけるので別の癌を引き起こすチャンスが少し高くなる。
でも乳がんの局所再発が起こる率よりは低いので治療に使われているだけでリスクはある。
Radiation Exposure and Cancer by American Cancer Society

タモの話にもどりますが
次に目立った副作用らしきものは「集中力」

たぶん、何かに集中しなきゃいけない状況にない人なら
気がつかないかもしれないけど、私の場合
日々の生活に集中力が欠かせない状況なので
ホルモン治療前と比べてその差の激しさが一目瞭然だった。

とにかくじっと座ってられないし、
暗記力も落ちた。
ただの老化?ということも考えられるけど
これを経験している人は全体の40%だと
アメリカのどこかのサイトの統計にもあったから
きっとタモのせいなんだろう。


次は関節痛。
これはたいしたことはなかった。
たぶん温暖な地域に住んでいるせいもあるのかもしれない。
長く座っていたときに立ち上がろうとすると
膝とかの関節が痛い。
老化というにはまだ早いような気がする。
これもタモの特徴的な副作用の一つ。

さて、タモの一番特徴的な副作用とされている
ホットフラッシュだけれど
これは私には殆んど来なかった。

1年経った今もある状況を除いてはこない。

その状況とは夫婦喧嘩をしたとき(笑)
感情的になるとドッバーとパンツまでびっしょりになるくらい
全身に汗をかいてしまう自分が怖い…
これもタモを飲む前はなかったことなので
きっと副作用なんだろう。

もう一つこれも副作用なのか?と思うのは
時々、ド~~ンと落ち込んでしまうとき。

特に自分に自由な時間が出来たときにそれは起こる。
再発したらどうしようとか、、から始まって
死んだ後の準備まで考えてしまう。
顔がまだ若いうちにお葬式の写真を用意しておこうかな、とか。

タモと病気のショックのダブルパンチでウツになる患者さんは
多くいるようなので、これも副作用なのかも。

今のところはこれだけですが、
タモを飲んでいるから、今も治療中だからという
安心感はあるので、この薬があること、自分が飲めるということに
感謝しているのは間違いないです。

ではまた来月!
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。