告知されて家についたとたんに現実に引き戻されて
悲しみがおしよせた。

旦那の友人のワイフに一年前に乳がんになった人がいたので
とりあえず、その人に電話をした。

そしたら夫婦で即効で家まで来てくれて、
私はまだ泣いてないのに彼女は大泣きだった。

でも今なら彼女がなぜ泣いたのかわかる。
私も同じ状況なら大泣きになると思うから。
その時の私は告知されたばかりで何も始まっていなかったけど
彼女は今まで辛い治療や悲しみを乗り越えてきたからこそ、
同じ状況におかれた他人の苦しみや気持ちがわかったんだと思う。

彼女は両胸全適で同時再建。
胸の開いた服を着ていたけど、実に自然で綺麗だった。
両手を挙げて、

「私を見て こんなに元気なのよ」と励ましてくれた。

彼女を手術した外科医はなんと私を手術する予定の外科医I
恐る恐る、彼の評判を聞いてみると

「あなた、ラッキーだわ!
外科医Iはキレイに切ってくれることで評判がいいの
それにgeneral surgeryで一番偉い人で
私は彼に会うたびにハグしたくなるほど感謝してるのよ」

私はそれを聞いてかなり安心した…
担当外科医を変えてもらおうかと思ってたくらいだから。



だけどその日の夜から数日間、私は生きたシカバネ状態になった。
夜中に目が覚めては

「これって夢?」


夢じゃないと気がついたとたんにドーンと落ち込む。
時間があるとネットで乳がん検索。
誰かが亡くなった記事を読んではまたドーンと落ち込む。



「私、もう死ぬのかな…」

死んだらアメリカで焼いてもらって骨は
半分アメリカで半分は日本の両親へ届けてもらおう。

お気に入りのブランドのバックや宝石は日本へ送ろう。

私のお気に入りのお鍋やお皿は旦那の再婚相手が
使うのかしら?
それは嫌だからオークションで死ぬ前に売ってしまおう。

とか… 



そんなことばかり悶々と考えていた 

自分が死ぬ心配をしていることすら信じられなくて
まだ乳がんを受け入れられていない時期で

それは生涯で経験したことのない、相当な辛さで
頭がショックで白髪になっていないか鏡で調べていたくらいだった。
Secret