元「キャンディーズ」の田中好子さん死去
目に飛び込んできたYahooニュースの見出しを見て
すぐに頭に浮かんだのは

「乳がん?」

見出しをクリックしてみたら、やっぱり…

どうして?
胸がキューとなった。

スーちゃん、20年近くも戦っていたんだね。
辛かったね。



忙しくてしばらく忘れていた「乳がん」で頭がまた一杯になってしまった。
10年過ぎても戦いは終わらないのかな?
嫌な病気…

一体いつ、もう二度と戻ってこないって安心できるんだろう?
「私は完治しました」って言えるんだろう?

でも、もし死に方を即死か乳がんかのどちらかを選べるとしたら
乳がんを選ぶかな。

みんなにお別れを言う時間も十分あるし
心の準備も出来る。

人は誰でもいつか死ぬのだから、、、

心配しないで、今ある一日一日を有意義に後悔のないように
ありがたく生きていこう


スーちゃん、ご冥福をお祈りします。
こどもの頃、大好きだったキャンデーズ、
“もうすぐはーるですねぇ♪”
ずっと忘れません。

2011年1月22日、今日は術後1年記念日

あっという間の1年だった…

有意義にすごせたか?と聞かれたら
わからない。

これまで病気限定のトピックのみで記事を書いてきたけれど
1年経ったこれからはもう少し自分のプライベートも書こう。



新たに生まれかわった(つもりの)この日はアメリカで今一番売れてる男の子、
ジャスティンがアメリカン・キャンサー・ソサエティのコマーシャルで
がんと戦う人たちの為に歌った「ハッピー・バースディ」を載せよう。

最愛の息子に少し似てると思う。






画面の向こう側でこの1年を見守ってくれて本当にありがとう。
明日はクリスマス・イブ。
楽しいはずのお休みなのに気分はどんより

つい最近まで忙しくしていてチチ問題について
あまり考えずに普通に暮らしていたけど
休みになって時間が出来たとたんに、
気がつくとPCに向かって何時間もチチ情報を
集めていたり。

もう一年も経つのにどうして忘れられないんだろう?
一日たりとも自分のチチに起こった出来事を完全に忘れた
日はなかったような気がする。

数週間前に6ヶ月毎のマンモとエコーをやってきた。

術側の傷のすぐ下が少し硬くなっていて
シコリみたいになってるので、そこを調べるために
エコーをやった。
(私の病院ではエコーは標準検査じゃないので
何か理由がないとマンモしかやってくれない。)

数日後先生から来たレターを見ると
三つの項目がある。
1.良性
2.経過観察
3.悪性の疑いあり

2番に印がついていて先生の手書きで
「6ヵ月後に再検査」だった。

それからそのシコリっぽくなってるところから
脇にかけて少しズキ-ンと痛んだりして
そこを手でぐりぐりと確かめるからさらに
ズキーンとしたりして

おまけに家に飾ってあるクリスマスツリーを見ると
昨年のちょうど今頃に経験した「告知前の動揺」
を思い出してしまって

楽しいはずなのに逆に辛い思い出が蘇ったりして
気分がどんよりしているわけだ。

ちょっと寝違えて脇が痛いと
「もしや?」

椅子に長く座りすぎてお尻が痛いと
「もしや?」


チチ病のことを忘れたいけど、忘れちゃいけない
ような気がする。
忘れた頃にまた戻ってきたら
そのときのショックは計り知れないから
今からいつ戻ってきてもいいように
心の準備をしておこうと思ってしまう

すごーくネガティブだな。

クリスマスが終わって、
いつもの忙しい日々が戻ってきたら
また忘れて元気になれると思う。


ところでチチ情報を読んでいてこんな記事を見つけた。

オックスフォード大学の研究者達が10年かけて
追跡した結果、「野菜とくだものを多く摂取することはがん予防に
はならない」というもの。

がんになる確立を高める要因としてわかっているのは
「肥満」と「お酒」、そして「タバコ」。

野菜や果物を多く摂取するような人は普段から運動したり
お酒も控えめな傾向にあるのでがんになる確立が下がる。
でも、お酒を飲む人で野菜や果物を多く摂取する人については
がんになる人が少なかった…ということだ。

なんだかこんな記事読んじゃうと
もう無理して野菜や果物を無理して多く食べるの
やめようって思ってしまうじゃない?

いつも時間かけて野菜を料理して食べてたのに
今日の昼はカップヌードルでもいいかって
思ってしまった。

でもよく考えてみる「野菜中心の食生活」っていっても
国それぞれ違うのかもしれない。

食生活を変えて以来、私(日本人)が食べてるのは
根菜を中心とした温野菜で肉は基本的に鳥とたまごを少し食べる程度で
牛と豚は食べない。

インド人やベトナム人の食べる野菜も、
今回の研究に参加した人たちが
食べてた野菜とはまた違うかもしれない。

他に書いてあったことは
アルコールが体の中で分解されるときに
細胞が傷つけられることと、
肥満の人はそうでない人よりも特定の
ホルモンが多くでて、それらのことが
がんになる確立を増やす…

アルコールと乳がんについては
このほかの研究でも結びつきが証明
されてきた。

ちょうど原発細胞が生まれたであろう頃、
私は友達がオープンさせたバーを
半年だけ手伝っていて、
その頃、普段飲んだことのない量のアルコールを
吐くほど飲んでいた。

夜遅くまで働いて体も冷やしたし
無理をしたと思う。

あれも原因の一つだったかなと思う。

でも肥満はどうだろう?
乳がんに限っては肥満ってそれほど
関係ないように思える。

肥満の乳がん患者に今まで出会ったことがないから。

この病気ってある日突然やってきて
初期とか後期とか関係なく
何年も経ってから再発したりして
女の命(胸とか髪)をうばってしまうコワイ病気。

そんな病気になったかもしれないことが
苦しくて信じられなかった昨年のクリスマス…

あれからもう一年も経ったんだ。

この一年無事に過ごせたことに感謝して
明日は笑顔で朝を迎えよう。

くだらない話を長々と読んでくれてありがとう。
そして今年一年私を見守ってくれてどうもありがとう
2010.09.19 元気だよ
前回の更新から一ヶ月も経ってしまったので
とりあえず、元気にしていることだけ伝えたくてne

さて、前回書いたCYPテストの結果ですが、
まだわかりません。
腫瘍内科のドクターから連絡がない=緊急事態ではない
ということなので次回のアポまで待つことにしました。

結果を知りたい気もするけど、内心は今の治療(タモキシフェン)
を続けたいから聞きたくないのかも。

相変わらず副作用はマイルドだけど
少しづつ変化は現れてきた。
少し緊張すると首や額から汗が噴出す。
昔から汗をかかない方だったから違いがよくわかる。

だんだんと私生活が忙しくなってきて
自分のブログを更新する時間がなくなってきたけれど
それでも他の人のブログは毎日ちゃんと読んでいる。

すでに遠隔転移治療中だったブログを除いて、
私のPCのお気に入りに登録してある100件以上のブログは
私が昨年末から登録して以来、誰も遠隔転移をしていない。
もしかして私の“お気に入りフォルダー”は
グッドラックなのかもしれない。

そしてこれからも、この人たちは絶対に誰も転移はしないって
私は心から信じていつも祈っていて
その人たちは私のことを知らないと思うけど
“10年後も一緒に生きようね”って
いつも思いながらブログを読んでる。





最近の私は時間に追われて忙しいけど
今の私はがんになる前の昔の私とはぜんぜん違う。

どう違うかというと
1.食べてるものと飲んでるものが違う
     ワインを飲んでいた昔の私はNewがん患者に良いとされる
     ざくろジュースとにんじんりんごジュースを毎日飲んで、
     玄米ご飯にお肉を完全に抜いてお豆腐と野菜中心の食生活

2.ストレスマネージメント
     夜必ずジムへ行っている。運動は10分だけであとはのんびりスティームサウナで
     体を温める。基礎体温が上がってきて足が冷えなくなった。
     サウナで顔見知りになった人たちとのおしゃべりもストレス解消
     体重もNewがん前より2キロ減った。

3.他のNewがん患者さんたちのブログを毎日読む
     これはかなり元気がもらえる。同じ病気の人が頑張ってたり、幸せそうにしてると
     私も嬉しくなるから。



次の更新はたぶん、腫瘍内科ドクターとあった時になると思います!
最後の放射線治療が終わってから3ヶ月が経った。
3ヶ月分もらったタモキシフェンもあと少しでなくなる。

3ヶ月経ってみて体だけじゃなくて
心も元気になったなぁとしみじみ思う。

告知された時の自分の精神状態を思い返すと
ここまで立ち直れたってことがすごい。

あのころ、すでに治療が終わって数年経った人に
「考えすぎちゃだめだよ」とかいくら励まされても
頭の中の90%が病気のことでいっぱいだった。

忘れるなんて絶対に無理で
考えないなんて絶対に無理だった。

「あまりネットで調べすぎないように」って
言われてもやめられなかった。
毎晩寝ずにいろんな記事を読んだ。

だけど、いろんな記事を読んで
自分の病気について詳しくなることも
自分と同じ立場で頑張っている人の状況を知る事も
立ち直るための必要な過程だったのだと思う。

人間ってすごいな。
本当に元気になれるものなんだね。
たぶん、私にとってこのことは
今まで生きてきた45年間で一番ショックだったことだったのに。

今の私は前ほどネットに時間をかけてないけれど
そのぶん、他の事に時間をかけるようになった。

毎日玄米ご飯と日本食を作って食べて
体を暖めるために毎晩スチームサウナに通っている。

だけど今も私の頭の中の60%は病気のことが占めていて
もう、健康なころの昔の私じゃないことは確か。

それでいいと思う。
忘れる必要はない。
この60%は苦しみの数値じゃなくて
頑張ろうって思うための数値なんだから。

病気になる前は気をつけてなかったこと、
何かにつけて頑張りすぎてストレスをためたり
食事が欧米化していたり
寝不足だったりの私、

そういう自分を変えていく為の60%だもんね。

日本に帰ったとき、免疫を上がる関係の本を
どっさり買ってきた。

体温を上げる工夫と玄米中心の食事は
続けられそう。

ある心理学の本に書いてあった統計によると
乳がん患者の現実から逃避しようとする人と
ポジティブにいろんなことに挑戦していく人とを
比べると後者のほうがよい結果に結びつくと
書いてあった。

たとえ頭の中は病気のことでいっぱいでも
前向きに取り組む姿勢なら忘れる必要はないってことだ 

その本にはクヨクヨ悩んだり悲観する性格の人は
がんをはじめ、いろいろな病気になりやすいと
書いてあった。

日本から買ってきた免疫の本にもそう書いてあった。

でも、いろんなブログを読んでいると
乳がんになる人って明るいタイプの人が多いような
気がするな。

私の読んだ数々のブログの統計からすると
何でもきちんとしていて頑張りやさんタイプの
人が多いような気がする。

あと、美人も多い?!

まっ、私は美人じゃないけどね